2007年07月17日

金ミニ取引は低調?

今日から金ミニ取引がスタートしましたが、低調って言っていいんですかね。


この「金ミニ」、いろいろと疑問が多い商品設計です。


まず、金をはじめとした商品先物は元々個人向けなのでサイズが日経平均ミニと同サイズだった、ということ。

だから、金ミニはミニミニです。


これ、FXだったら期限がないので、ミニミニ(1000ドル単位)にもそれなりにニーズ(積み立てとかね)があるのでしょうが、期限のある先物では、そうもいきません。

普通にいったら、手数料負けするだけの商品かなという感じです。

でも、今はほとんどの業者で手数料無料キャンペーン中。
なので、ラージを止めてミニをやるという人もいそうなものですが、そうならない。

何故か。

理由は簡単です。

限月が違うんです。

日経平均先物は期近が中心限月だったので問題なかったのですが、商品先物は(日本では)期先が中心です。


で、金ラージの期先限月は08年6月、金ミニは07年12月です。

07年12月だと、金ラージでは3番限、出来高を見ると期先の1/25しかありません。


そう、金ミニは初めから出来高望めないんです。


これ作った東京工業品取引所の人、バカ?


3限月制だとしても4ヶ月毎にして期先を合わせるべきだよ。


あと、日経平均先物が成功した理由は、1ティックをラージの半分にしたこと。

これ、もともとラージの方もCMEやSGXが5円刻み、TOPIX先物は0.5刻みなのに大証だけ10円なので使い勝手が悪い、それをミニが解決したんです。
(っていうかラージも5円刻みにしろよって感じだし、諸外国の先物を考えたら1円刻みでも良いはず)

そして、日経ミニの場合、1ティックが半分になったのに、1ティック抜けでも利益に寄るように手数料が激安に設定されていた。

それに対して、金ミニはキャンペーンが終われば、手数料負けします。

こんなんで、大丈夫?


posted by さの at 11:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

プラチナETF上場

スイスのチューリッヒ・カントナル銀行が5/10からSWXスイス証券取引所にプラチナETFを上場させるそうです。

他に、銀、パラジウムもということらしいです。


でも、プラチナは金の1/30しかありません。
パラジウムなんかもっと少ない。

しかも、資産や宝飾品として退蔵されている金と違い、プラチナは自動車触媒など工業的に消費されるもの。

ETFに年金マネーが流入してプラチナを買い占めてしまったら大変なことになる。

自動車メーカーに2000年のパラジウムの悪夢再び、なんてことにならなければいいけど。


あと、ハント兄弟バフェットが買い占めたりできるようなものなので、どうなっちゃうんでしょうね。
posted by さの at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

タイでゴム倉庫火災

下落基調のゴムですが、なんと14億円相当が焼失してしまったそうです。

修復には少なくとも半年を要するとか。

火災の原因は暴動による放火だそうで、クーデター以降落ち着いていないのでしょうか。

あっ、でも、相場を動かすほどの量ではないそうです。
posted by さの at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

トウモロコシが急落納会

秋から急騰して注目の穀物市場。

オーストラリアで小麦が例年の1/3しか取れない、ということから始まった相場が、トウモロコシ、大豆にも波及したんですよね。

特に、トウモロコシはアメリカでエタノール(飲むのではなくガソリンに混ぜて車を走らせる)に使われるということで、需要が高まっています。

そんな相場も、クリスマス休暇で一服。


でも、下げていたのは期先、つまり来年は増産されるだろうという読みから、期近はあまり下げていなかったんですよ。

なのに、なのに、12月の納会で急落となりました。

同じ日に納会の一般大豆は変わらずだったのにね。


そして、来週納会のNon-GMO大豆は更に急騰、こっちは納会に向けて、ますます波乱があるかも。
posted by さの at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

東京Non-GMO大豆の暴騰あるか

15日は、一般大豆の納会ですが、遺伝子非組み換え大豆の方は、20日に納会です。

Non-GMO大豆は検査に時間が掛かっているのか、納会までにアメリカからの船が着くか、ということでドラマチックな展開になることが予想されます。

昨日、今日と乱高下、値幅制限もなくなるし、大変なことが起きるかも。
posted by さの at 17:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。