2007年06月13日

やっぱりM&A絡み?

昨日のポンド高に続いて、今日は、午後にユーロ円の大口注文があったそうです。

そんなに大きいお金で買うものといったら、やっぱり会社?

ソフトバンク、板硝子、JTに続く規模のものがあるのでしょうか?


posted by さの at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンドが買われているのは?

特に買い材料が出ているとは思えないポンドが何故か独歩高。

いくつかブログ見たけど、理由書いている人いなかった。

なんで上がっているんだろう。

もしかして、また巨大M&A?
posted by さの at 01:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

キウィの介入

まだ、ニュージーランド頑張っていますね。

自国通貨売りですから、やりたい放題とも言えますね。

ニュージーランドに政治的圧力かけるところもないだろうし。


で、連れ安したオージーの戻りを狙おうか、迷ったあげく、値幅が小さいので止めたのですが、良く考えたら、オージー・ドルでやればいいんだよね。

オージー円はワンショットの金額が少ない上に、コスト高なので、1日の中の値幅を取りに行くのは割に合わないけど、オージー・ドルならワンショットが大きいので、1日の中のちょっとした変動でも、1枚当たり5000円位簡単に動くんだった。

あと、オージー・キウィで、というのもありなのかな。
ちょっと、動きが少ないか?
posted by さの at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キウィが急落

昼の時間帯からキウィが急落しています。

NZ中銀が為替介入のうわさにコメント拒否ということなので介入でしょうか?

もしかして、ニュージーランド当局と日本の個人投資家のガチンコ対決になる?
posted by さの at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

中国人民銀が対ドルの許容変動幅を拡大

中国人民銀行が人民元の対ドル1日あたり許容変動幅を0.3%から0.5%に拡大すると発表しました。

これ、ポールソンがG8を欠席して、二国間の交渉にした成果?


ドル円は60銭売られたものの、戻りました。


また、中国は1年物貸出基準金利を0.18%引き上げ、6.57%にすることも発表しました。
posted by さの at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。