2010年06月12日

6月2週 揉み合い収束

為替は相変わらずの気迷い加減。

ユーロの弱さははっきりしているものの、あとはどっちへ行きたいのか。
豪ドルはボックス位置を下げた感じ、カナダ円は去年から緩やかな上昇トレンド、そして、ドル円は三角持ち合い、とそれぞれに微妙な展開。

全てはユーロが復活してから、でしょうか。


posted by さの at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

6月1週 ユーロ底割れ

為替は神経質なトレンドレスの展開。

そんな中で、ユーロ安は変わらず、金曜の夜、ついにユーロ/ドルが底割れしました。

ユーロ/ドルは歴史的に見てまだ高値圏。
というか、ダブルトップのネックラインをちょうど割った感じです。

一応2005年あたりの底値も見合い水準なので、ここから暴落というよりは揉み合いそうではあるのですが、それを割れれば「半値戻りは全値戻り」という格言が意味を持ってくる感じ。

早く、ユーロを解体するか、逆に1つの国になるか、どっちかした方が良さそうですね。
posted by さの at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

5月4週 戻ったのは1日

為替は株ほどはっきりしない展開。

ただ、株が日本市場を中心に、火曜から木曜までジワジワ買われていた動きが木曜のニューヨークで爆発。
その結果、ドル円、クロス円は木曜に大陽線となりました。

ただ、トレンドは不明な感じ。

肝心のユーロドルはダブルボトムになりそうなのか、下げの途中なのか、微妙な感じです。
posted by さの at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

5月2週 ユーロが安い

株と同じく、為替も一週間の振り返りの時は Infoseekマネーのチャートを見ていました。
ショボイチャートに変わったのは一緒ですが、こちらは更に、ユーロドルが見れなくなり、クロス円だけになるという改悪。

全くどういう企業文化なんでしょうね。
レベルダウンは絶対ダメというところで育ったので、感覚理解できません。


為替の方も、ユーロ支援の一旦好感なのですが、1つだけ違うところが。

戻っているのはドル円とそれに伴う欧州以外のクロス円。

欧州通貨は安値をうかがう動き、ユーロ・ドルは金曜の夜に安値を更新しました。

良くわからないのが、スイスフラン。
ユーロと似た動きをする通貨ではあるのですが、このところのユーロ安に付き合いすぎです。
スイスの銀行も痛手を受けるということなのでしょうか?


あと、円。
ドル円で円高になっていないのは、いいことのようですが、逆に、財政悪化国の1つだとして敬遠されているって可能性はあるのでしょうか?
日本国債は今のところ、日本株から逃げた資金を吸収して上がっているのですが、どうなんでしょうか。
posted by さの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

5月1週 ドル円・クロス円の暴落は1日だけ

連日下げていた株と違い、為替の方は始め安定(下げた日も通常の値幅)していました。

ドル円・クロス円の暴落は木曜の1日だけ。
その前も、後も、米国株は大きく下げていますが、ドル円・クロス円は安定した動き。

あの、瞬間ニューヨークダウ1000ドル安にだけつられたという感じです。


ただ、1日だけといっても、ユーロ円は大きく底割れ、オージー円、キウィ円は数ヶ月付いたボックスの上限から下限までの下げをわずか数時間で行うという荒っぽさ。


そして、ギリシャ問題で下げたユーロの他に、選挙結果を嫌気したイギリスポンドも大きく底抜けです。


国債の信頼度についても、南ヨーロッパが一巡したら次はイギリスという雰囲気になっています。

もちろん、その後にはアメリカ、日本も控えているので、世界同時債権バブル崩壊になってしまえばどれも一緒。
どれも一緒な中でも優劣をつけなければならないのが為替であり、最終的には難しい相場なのかもしれま゛んね。
posted by さの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。