2010年08月21日

8月3週 またユーロ安が進む

ドル円は安定した感じなのですが、ユーロは、戻った分の反動で下げが鮮明になってきました。

まあ、ユーロの下げは上がったあとなのでよしとして、問題はドル円です。

これ、日銀の失策のはずなのですが、報道がダメですね。

同じ日に、日銀の金融政策決定会合とFOMCが同じ日に行われ、FOMCでの追加緩和がわかっていたのに、日銀は動かなかったわけですから、円高になるのは当然です。


そして、ドル円はダラダラ下げ続けているわけで、時々落ち着いているからといって安心できないわけです。


更に、1月の高値、4月と5月の戻りで、95円に近づくと達成感が出ますよね。
これ、前も書いたのですが、1月に菅直人が「ドル円は95円で十分」と発言したからです。

本当なら、1月の時点で100円を超えていたはずなのに、菅直人がぶちこわしたんです。
そのことをわかっていない人が多すぎます。


ということで、やっぱり、民主党と日銀(今の総裁は民主党のごり押しで決まった)の無策で、まだまだ円高に行きそう。


取り敢えず、時間調整の戻りがあってよい局面ですし、民主党と日銀が何か(有効な対策)をしたら反発する局面。
ポジションも傾いていると思うので、意外な戻りにも警戒ですが、あっても本格的なものにはならないでしょう。


その中ではニュージーランドドルの弱さが目立ちます。
トレンド下ブレイクですね。

カナダドルも弱いです。


そして、スイスフランがユーロと逆の感じ。
ユーロ・スイスフランでみると凄いことになっていますね。

なんか、スイスはヨーロッパなのに、スイスフランは米ドルの仲間のような感じ。
ドル・スイスはもの凄く安定しています。


posted by さの at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

8月2週 円高がニュースになったけど

どうも、日本は株安よりも円高がニュースになる国ですね。

今週はドル円が85円割れということで、トップニュースとなりました。

ただ、下げ幅は大きくなく、トレンド維持した下げ。
そして、いつものように「一般報道が底」となり、戻しました。


動きが顕著なのはユーロ。
堅調な上げが続いていたユーロ・ドルがついに下げました。

きっかけは、アメリカの追加緩和。
ドル円だとドル売りの材料なのですが、何故か、ユーロ・ドルではドル買いとなりました。


他のクロス円も軒並み下げですが、ボックスは維持している感じ。
先行して下げたニュージーランドドルは下限近く、独自の下げだったスイスフランは米ドルと共に戻りました。


来週はユーロの下げ目処に注目です。

posted by さの at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

8月1週 揉み合い

為替は大きく円高が進んだようでいて、実は揉み合いという感じ。

ドル円は昨年11月の安値にタッチ。
一昨年の11月と去年1月に作ったダブルボトム水準は割っています。

ここから下げると、チャートをどう見ればいいのか。
月足的には、1相場30円なので、起点をどこと見るかなのですが、1ドル60円も想定するのでしょうか?

ただ、逆に、世間が円高、円高と騒いでいるのが円高バブルの局地かもしれません。


ユーロは、戻りの限界のような形ですが、逆に突破したら大きい。
ユーロ・ドルは厳しいけど、ユーロ円は期待したい形。

クロス円は全般に同じですね。
ボックスの条件で収束気味。

上に離れたい感じです。


唯一、スイス円だけ弱いです。
ユーロの買い戻しの反対売買で下げているのでしょうか。
posted by さの at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

7月5週 為替は方向感出ず

為替は相変わらず短期的な動きに終始しています。

局面局面では株と連動しているのに、日足になると違うんですよね。


トレンドが出ているのはユーロ・ドルの戻りだけ。
その、ユーロ・ドルにしても、一旦、区切りの位置、次の動きが出るか、休憩するか、という感じです。
posted by さの at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

7月4週 ユーロドルは堅調

為替は株ほどはっきりとは戻っていません。
時間足で見ていると、株の戻りと同じように戻しているのですが、日足ベースではグダグタのまま。

ユーロドルの戻りこそ堅調ですが、円に絡むものは、戻ってもボックス上限が精一杯です。

三角持ち合いも、下に抜けるのがセオリーという揉み合い方。

ただ、ポジションが傾いていることもあり、意外な方向に動く可能性もありそうです。
posted by さの at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。