2007年11月28日

11/28 (水)前場:材料の賞味期限は1日、期限切れにうるさいセンチメント

昨日のシティのニュースでニューヨーク高なのですが、あまりスッキリしないんですよね。

ニューヨークの寄りから1時間は余り上がらなかったし、午後も一時上げ幅を縮めた。結局高値圏で引けたけど、前日の大幅安を完全には取り戻していないんですよね。

特段材料なく下げた下げ幅を、大きな材料で埋められない、これなんなんでしょうか。

で、日本は昨日、折込済みです。

前日比変わらず近辺で揉み合った後、10:00前に下にブレイク。
9:30頃に無理矢理、上を試して失速したのが良くなかった。

その後、アップダウンありながら下げ、ラスト30分でやや戻す、という展開です。


昨日は日本が高くても、アジアの他国はマイナスの所もありました。
為替も、ニューヨーク時間に一旦基点まで戻され。再度上がったものの、また戻ってしまうという展開。

商品も昨日の後場上げきれなかった上に、今日はギャップダウンしてジリ安です。


ある意味、相対的に日本株が強いという気もします。

サブプライムローンショック以来、商品に投機資金が集中していましたが、その商品も失速。

もしかしたら、その資金が日本株に来たりして、なんて気もします。


個別ではジーダットがストップ高。
10:00過ぎから急騰ですが、何かあるのでしょうか。

ランドコムは昨日のストップ安から、今日安寄りの後、ストップ高と、激しい動きです。


posted by さの at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。