2007年07月17日

金ミニ取引は低調?

今日から金ミニ取引がスタートしましたが、低調って言っていいんですかね。


この「金ミニ」、いろいろと疑問が多い商品設計です。


まず、金をはじめとした商品先物は元々個人向けなのでサイズが日経平均ミニと同サイズだった、ということ。

だから、金ミニはミニミニです。


これ、FXだったら期限がないので、ミニミニ(1000ドル単位)にもそれなりにニーズ(積み立てとかね)があるのでしょうが、期限のある先物では、そうもいきません。

普通にいったら、手数料負けするだけの商品かなという感じです。

でも、今はほとんどの業者で手数料無料キャンペーン中。
なので、ラージを止めてミニをやるという人もいそうなものですが、そうならない。

何故か。

理由は簡単です。

限月が違うんです。

日経平均先物は期近が中心限月だったので問題なかったのですが、商品先物は(日本では)期先が中心です。


で、金ラージの期先限月は08年6月、金ミニは07年12月です。

07年12月だと、金ラージでは3番限、出来高を見ると期先の1/25しかありません。


そう、金ミニは初めから出来高望めないんです。


これ作った東京工業品取引所の人、バカ?


3限月制だとしても4ヶ月毎にして期先を合わせるべきだよ。


あと、日経平均先物が成功した理由は、1ティックをラージの半分にしたこと。

これ、もともとラージの方もCMEやSGXが5円刻み、TOPIX先物は0.5刻みなのに大証だけ10円なので使い勝手が悪い、それをミニが解決したんです。
(っていうかラージも5円刻みにしろよって感じだし、諸外国の先物を考えたら1円刻みでも良いはず)

そして、日経ミニの場合、1ティックが半分になったのに、1ティック抜けでも利益に寄るように手数料が激安に設定されていた。

それに対して、金ミニはキャンペーンが終われば、手数料負けします。

こんなんで、大丈夫?


posted by さの at 11:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

8/10 前場:金ETF上場
Excerpt: 3日間もサブプライムローンの問題を忘れていたニューヨークが思い出したと思ったら大幅安、ということで、昨日の買い支えも虚しく、SQ値は16669.27円。 昨日、17000円のプットがいくらだったのか..
Weblog: 相場雑感 - BRICsバブル崩壊でも元気に行こう!
Tracked: 2007-08-10 11:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。