2006年12月08日

内閣府が、またまたデイトレーダー優遇

以前、書いたように、現在の証券税制はデイトレーダー優遇税制です
(しまった続きを書くの忘れている)

そして、今日、内閣府が、またまたデイトレーダー優遇の措置を発表しました。


現在、機械受注という統計が14:00に発表されています。

機械受注は対して重要な指標ではないのですが、この発表時間が問題。
株式市場が開いている時間に発表されるので、機械受注の値によって株価が乱高下します。

今日も、瞬間的に100円行ったり来たりしましたね。


で、流石に、これは問題だ、ということで内閣府が、発表時間の変更を英断。

・・・

と思ったら、ダメだよ。

変更後の時間は8:50。

確かに、14:00よりはいいよ。

でも、8:50に発表を見てから注文できるのって、プロの投資家とデイトレーダーだけだよ。

普通のサラリーマン、昼間働いている人は無視されている

そういうことだからダメなんですよ。
サラリーマンが投資しやすい環境を作るように努力して欲しいものです。

ちなみに、昼間決算発表をする会社もだよ、やめて欲しいです。


posted by さの at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

12月機械受注はマイナス
Excerpt: 場中の発表は不味いということで、寄り前の発表になった機械受注、先月はSQ翌営業日の発表だったのに、今回、SQ当日に戻ってしまいました。 で、SQ当日の寄り前に出た12月機械受注は、予想、前月比−0...
Weblog: 相場雑感 - BRICsバブル崩壊でも元気に行こう!
Tracked: 2007-02-09 09:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。