2006年07月24日

7/24 前場

ハイテクの下方修正でニューヨークが下げて戻って来たため、日経平均は続落です。

先週の値段を二番底だと言っていた人は当てが外れた感じでしょうね。


日中の動きは、相変わらず小さいです。
イニシャルレンジは100円ちょっとあるのですが、動いたのは9:15〜9:30の間だけ。

寄りから揉み合い、下げて、揉み合い、です。
10:30前に下にブレイクするも、鈍い動き。

その前から、MACDが陽転、DMIのADXがピークアウトしていましたので、売り疲れでしょうか。

揉み合いの中で、近づいてきた移動平均を嫌って下げたので、本当なら大きく下げてもよいのですが、ブレイク後も揉み合ったあげく、上に行きます。

しかし、上がった場所も、揉み合っていたところなので上値も重い。
結局、下げ基調で前引けです。
揉み合いの場所からは抜けられません。


マザーズは相変わらずの3%安。ヘラクレスは2%で頑張っています。


上がっていた中ではネットビレッジが注目でしょうか。
特に材料はない気がします。

直近IPOではサムシングホールディングスが後半強かったです。

王子製紙と、北越製紙のTOBの連想で、三菱製紙を買うのは着目点は良かったのですが、日中は隠線という結果。
王子製紙を買えばプラスでした。


下方修正の東京製鐵はストップ安、寄りから売っても大丈夫でした。
やっぱり、売り、損切りの場合は遅れる人がいるということですよね。

楽天による株売却が、無事済んだサイバーエージェントは6%の上げなのですが、それでも弱いチャートです。


posted by さの at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。