2010年10月23日

10月4週 金も崩れる

今週は順調に上げていた金が崩れました。

円建てで見ると、5月6月の高値にトライできずに失速です。

ドルベースでは新値を更新し続けてからの失速、為替の影響でかなり違いますが、ドルベースで見たときの方が崩れた感ある感じです。


貴金属全般に崩れた中で、首の皮一枚残っているのがドルベースですが、銀とパラジウム。
需給がキツイというか、買い占め可能なものが有利な展開は続いています。

原油も下げていますが、ドルベースだとこちらもギリギリ残した感じ。

ゴムは円ベースでも残っている感じで、ファンダメンタルの強さを感じます。


そして、コーン、大豆は先週の高値からの時間調整。
どちらも、堅調地合いのままで、大豆の方がより強い感じです。

東京ではコーンの強さが続かず、大豆の有意差が寄り目立つ感じ。


アラビカ、粗糖といったソフト銘柄も同じような強い展開を見せています。


それに加え、小豆が下げ後の揉み合いから再度上昇。

過去の安値には届いて折らず、2005年、2007年、2009年と下値を切り上げている感じ。
このまま上げなら再度13000円の瞬間高値を取りにいくのかもしれません。

レアメタル、レアアースみたいに中国が輸出停止というわけでもないのに、とも思いますが、そもそも論からいえば、コーン、大豆、ゴムも中国の買いですからね、似たような展開なのかも。


そして、中華料理後にコーヒーは合わないのですが、中国でもコーヒーを飲むようになってきているのでしょうか。
食事メニューが欧米化してコーヒーを飲むようになったのか、それとも、中華料理の時でもコーヒーを飲むようになったのか。
どちらにしても、コーヒーは中国のような巨大市場が飲み始めたら一気に足りなくなるはずです。

それ以上に小さい小豆マーケットも、簡単に押し上げられるのかもしれませんね。


posted by さの at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の商品先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。