2010年02月07日

ソブリンショックは第2のLTCMを生むか?

ギリシャ、ポルトガル、スペインと南ヨーロッパのソブリンショックで市場が大荒れです。

10年ちょっと前のロシア危機では、巨大ヘッジファンドLTCMの破綻、という事態になりました。

舞台裏でFRBバフェットが動いたことが小説漫画になったりしていますよね。

LTCMはノーベル経済学賞受賞者がやっていたファンドということでも有名になりました。


で、今回、ギリシャ、ポルトガル、スペインの国債というテーマに比べて市場の動きが急な感じです。

もしかして、第2のLTCMでもあるのでしょうか?

10年前と同じことをするバカがいるとは思えませんが、どうなのでしょうか。



最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (日経ビジネス人文庫)

posted by さの at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140516134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2月2週 10000円の攻防
Excerpt: 日経平均は先週末の下げの後処理のような展開。 このままSQに向けて更なる下げかとも思ったのですが、9900円どころで切り返し。 ただ、戻りもはっきりしないギリシャ支援によるもので、まだまだなんともい..
Weblog: 相場雑感 - BRICsバブル崩壊でも元気に行こう!
Tracked: 2010-02-13 17:55