2009年11月04日

11/4 前場:資源関係が強い

休み中のニューヨークは、上げてマチマチ。

トータルでは上げているのですが、日経平均は弱い展開。
一昨日のニューヨーク高の時にCMEの日経平均先物は下げていたんですよね。

祝日前にリスク回避で売っていたと思ったら、違ったみたい。


で、日経平均は安寄りから15分揉み合い、上げるのですが、上げたところでボックス、動かなくなりました。

前日比プラスは遠い前場です。


それと、価格が急騰です。
国際通貨基金(IMF)が金売却をする予定だったのですが、インド準備銀行(中央銀行)が一括で金200トン買い取るということで、上がりました。

結果、金関係のもの、ほか、市況関係がポツポツ。

 5713,住友金属鉱山 +3.82%
 5711,三菱マテリアル +2.12%
 7456,松田産業 +4.42%
 5714,同和鉱業 +1.7%
 5706,三井金属 +0.43%
 5857,アサヒHD +3.9%


月曜に上げた、その他金融はマチマチ。
後ろ盾のあるものは続伸、そうでないものは反落。
これは、月曜の後場から既に兆候があり、そのまま続きという感じです。
月曜の昼、その他金融大幅高の中で、ロプロが突然死した影響でしょうか。



日経新聞を死ぬまで読んでも解らない金の値段の裏のウラ



posted by さの at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。