2009年05月28日

やっぱり円安

後場、更に強力な円売りです。

ということは中値説はダメですね、次は月末だからとか言われていますが、どうなんでしょうか。

もしかしたらですが、米国債の暴落とリンクできる説として「アメリカとの密約による介入」ってのはどうでしょうか?


米国債が売れないので、アメリカから、日本が介入して米国債を買って良いとのお墨付きを得た。

これで、円安・日本経済回復、というシナリオ。


懸念事項は、日本が民主党政権になったときに米国債を買わなくなること。

そして、原油が再び100ドルになったときに円安だと困ること、ですね。


posted by さの at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。